【ヨガインストラクターが教える!】ヨガウェアの選び方とおすすめ商品5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
The following two tabs change content below.
石田まりえ

石田まりえ

東京生まれ、東京育ち。ラジオの懸賞で航空券が当たったことでニュージーランドへ渡航。 ニュージーランド在住14年目。2児の母をしながら、のんびり暮らすヨガインストラクター。

私がヨガを始めた頃はまだヨガウェアブランドが少なく、ヨガウェア探しに苦労していました。

しかし、ここ数年でヨガウェアブランドの種類は一気に増え、機能性やデザイン性も高く“ヨガのためにデザインされたウェア”を簡単に探すことができるようになりました。

その反面、種類が多すぎてどれを選んだら良いのか迷いってしまいますよね。

そこで、今回はヨガインストラクターの私がおすすめのヨガウェアをご紹介したいと思います。

ヨガウェアについて


そもそも、ヨガウェアって必要なの?Tシャツにスウェットじゃダメなの?と思っている方もいるかも知れません。

ヨガウェアは、ヨガの様々なポーズに対応したデザイン、機能を兼ねているので動きやすく、何よりもヨガに集中しやすいつくりになっています。

ヨガに必ず出てくる『下向き犬のポーズ』や『ショルダースタンド(肩達のポーズ)』の場合、Tシャツで行うと裾が頭の方へとめくれてきてしまいます。
その度Tシャツの裾をパンツの中に入れてたり出したりしていると、集中力が途切れてしまいますよね。

また、ヨガの種類にもよりますが、汗をたくさんかくタイプのヨガの場合は、普通のTシャツよりも汗を素早く吸収し、すぐに乾く素材のトップスの方が、汗をかいても体が冷えません。

ヨガパンツの場合も伸縮性に優れたパンツを履いているとロータスポーズ(蓮華座)などもしやすいです。

ヨガウェアを着ていると、『洋服を着ている』『服が邪魔だ』という感覚が少なくなり、自由に動けて思いっきり体を使うことがでいるのです。

ヨガウェアを選ぶ5つのポイント

では、ヨガウエアを選ぶときのポイントをご紹介したいと思います。

\ヨガウェアを選ぶ5つのポイント/

1. 素材
2. フィット感
3. 露出度
4. 伸縮性
5. 上下のバランス

動きやすさ、見た目、着心地の良さなどを重視すると良いと思います。

そして、何よりも自分が着ていて、気が散らないことがポイントです。

1. 素材

ヨガの種類によって素材を選ぶと良いでしょう。

ゆっくりした動きのヨガ(ハタヨガ、アイアンガーなど)の場合は汗をかく量も少ないので、コットン100%の肌触りの良いものがおすすめです。

さらっとした素材が体に馴染んで、ポーズも取りやすいです。

逆に、アシュタンガやビンヤサ、ホットヨガなど運動量の多いタイプのヨガの場合は、コットンよりも汗を吸収し素早く乾かす“吸汗速乾(きゅうかんそっかん)”素材がおすすめです。できればトップス、ボトムス共に。

吸汗速乾素材だと汗をかいても体が冷えません。
また下半身も意外と汗をかいているので、ボトムスも吸汗速乾素材のものが良いでしょう。
女性の場合、洋服に付く脇汗や股関節の汗などが目立つのが気になる方も多いと思います。吸汗速乾素材は、汗をかいてもすぐ乾くのでおすすめです。

ボトムスに関しては、特に女性は必ず試着時に前かがみになって下着が透けていないか確認してくださいね。

2. フィット感


体にフィットしたタイプのものを選ぶか、ボディラインをあまり見せたくない場合のゆったりしたタイプを選ぶか。

ゆっくりした動きのヨガの場合は、ゆったり目のトップス、ボトムスでもしっかり手足を伸ばしたりできるものであれば問題ありません。

運動量が多いヨガの場合は、体にフィットしたタイプの上下の方が動きやすく、より集中してヨガの練習が行えます。
アシュタンガなどに出てくるクックターサナ(鶏のポーズ)や、マリーチアーサナD(ねじるポーズ)を行う場合は、体にフィットしたものを着ていた方がポーズも取りやすいです。

女性の場合は下着もスポーツタイプのものにすることをおすすめします。ワイヤーや、後ろのホックがついてないものが良いでしょう。

ワイヤーで締め付けられていると深く呼吸ができなかったり、仰向けになったときにホックが背中に当たって痛みを感じる場合があります。

カップ付きのタンクトップもおすすめですが、胸が大きめな方は胸をしっかり固定させるスポーツブラを着用することをおすすめします。

3. 露出度

ヨガウェアのトップスには、長袖、半袖、タンクトップ、キャミソールタイプのものがあります。

ゆっくりしたタイプのヨガであれば、冬場は長袖や半袖タイプでも良いでしょう。

運動量が多くて、汗をかくタイプのヨガの場合は、熱がこもりにくいタンクトップやキャミソールがおすすめです。
また、ノースリーブ系は腕を伸ばしたときに、袖が引っかからないという利点もあります。

ヨガウェアのボトムスは、くるぶし丈のも、クロップド丈、膝下カプリ丈のもの、ショートパンツ、ショート丈スパッツ等があります。
最近は、レギンスタイプのものが主流です。

ゆっくりしたタイプのヨガであれば、どのタイプのパンツでも問題ありません。

運動量の多いタイプのヨガの場合は、夏場は膝下や、クロップド丈がおすすめです。

どれがダメという決まりはないので、あまり肌を露出したくない場合は袖ありのトップスでも、長いパンツでも全く問題はありません。

自分が着ていて安心できるものを選びましょう。

また、ショートパンツを履く場合は、下にスパッツを履くことをおすすめします。
ヨガは開脚などのポーズが出てくるので、下着が隙間から見えてしまうこともあります。
男性も女性も、ショートパンツの時はスパッツをお忘れなく。

4. 伸縮性


最近のヨガウェアは進化していて、”セカンドスキン”と呼ばれるものがあるほど、生地は薄いのに丈夫で伸縮性の高いものが多くあります。

特に、ヨガパンツに関しては伸縮性が高いと、何も着けてないときと同じくらいに自由に足を動かせることができます。

伸縮性が良いパンツを履いてヨガをすると、とても気持ちが良いです。服に邪魔されることなく、体の柔軟性を高めることができます。

ヨガパンツを試着したときには是非、膝の屈伸や足の開脚をしてみて伸縮性の良いパンツかどうか確認してみてくださいね。

5.上下のバランス

ヨガウェアを選ぶ時は、普段着る服と同じように上下のバランスを考えて選ぶと良いでしょう。

最近のヨガウェアは形だけではなく、色や柄の種類も豊富です。
ヨガを続けていくうちに、ヨガウェアの数も少しずつ増えていくでしょう。

コーディネートしやすい色や柄を選んで、組み合わせを楽しむのも良いですね。

お気に入りのヨガウェアがあれば、ヨガへのモチベーションアップにもつながります。

おすすめのヨガウェア5選!

①Swiftly Tech Racerback / lululemon

価格: 5,200円〜7,500円(税込)

私も愛用しているルルレモンのSwiftly Tech Racerback のタンクトップ。

伸びも良く、肌触りも全くゴワゴワしていないです。

また、抗菌効果を持った素材を使っているので、汗をかいた後の匂いも気になりません。

タイプ タンクトップ サイズ 2、4、6、8
カラー Viola/Sea frost/Garnet 素材 SILVERESCENT®
その他

⒉ ラルトップ/ suria

価格:13,750円(税込)

ブラ付きトップス。
ゆっくり動くヨガや、タンクトップやキャミソールが苦手な方におすすめ。
ストレッチの効いた、速乾性もある素材なのでさらっとした肌触り。

タイプ 半袖、ブラ付き サイズ S、M、L
カラー ネイビー/スティールブルー/エンジ 素材 表地:ナイロン90%、ポリウレタン10%、インナーブラ:ポリエステル100%
その他

⒊ socksies yoga leggings blue ikat /WE-AR

価格: 11,000円(税込)

私が住んでいるニュージーランドのブランドWE-ARのヨガパンツ。
切り替えデザインが斬新で、足長効果もあります。
WE-ARでお買いものをすると、もれなくオリジナルのお香が付いてくるのも嬉しい。

タイプ レギンスパンツ、フルレングス サイズ XS、S(海外製品の為、ワンサイズダウン推奨)
カラー blue ikat、cypress ikat 素材 レーヨン 90%、ポリウレタン 10%
その他 WE-AR オリジナルのお香付き

4.Wonder Under High-Rise Tight *Full−On Luxtreme 約63.5cm/ lululemon


価格: 14,200円(税込)

私も愛用しているルルレモンパンツ。
ハイライズなので、お腹もしっかりサポートしてくれてウディヤナバンダを意識しやすいです。
生地は薄いのに丈夫で、セカンドスキン感覚が高くとてもストレッチしやすいです。

タイプ レギンスパンツ サイズ 2、4、6、8、10
カラー Intergalactic/White/Dark Olive/Black/Formation Camo Deep Coal Multi 素材 Full-On® Luxtreme
その他

5.成型ロングスリーブ/ Chacott

価格:6,900円(税別)

バレエ、ダンス専門用品を扱うチャコットがヨガウェアも展開しています。
運動量の多いヨガでも冬場は体が温まるまで、または最後のシャバアーサナでレイヤーとしてキャミソールの上に着ておくのにもおすすめの一枚。

タイプ 長袖 サイズ M
カラー ピンク/ブラック 素材
その他 フルダルヤーン(ナイロン60%、ポリエステル40%)

まとめ

ヨガウェアを揃えるときはまずはボトムス、そしてトップスとポーツブラから揃えていくと良いでしょう。
羽織りもの系は、その後から必要ならば揃えましょう。

無理して最初から全てを揃える必要はありません。
Tシャツと持っているショートパンツ+レギンスでも十分です。
長く続けてみようと思ったら、少しずつ揃えていくと良いですよ。

デザインなども大事なポイントですが、一番は“着心地が良くてヨガに集中できるもの”を優先して選びましょう。

私自身も、ヨガの練習用とクラスを教える時用とではヨガウェアが違います。
練習に集中できるようなるべくシンプルで、身動きが取りやすいものを選んでいます。

ヨガウェアが一式揃っていれば、ヨガだけでなく他のアクティビティにも活用できます。活動の幅が益々広がりますね。

ヨガウェアを新調すると、自然とモチベーションも上がってより一層ヨガが楽しくなるものです。
お気に入りの一着を見つけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「ヨガ、やってみたいな」と思っているあなた! やってみたいと思っていても、初めの一歩が踏み出せ…
  2. 「ヨガ、やってみたいな」と思っているあなた! やってみたいと思っていても、初めの一歩が踏み出せ…
  3. 「ヨガ、やってみたいな」と思っているあなた! やってみたいと思っていても、初めの一歩が踏み出せ…
  4. 「ヨガ、やってみたいな」と思っているあなた! やってみたいと思っていても、初めの一歩が踏み出せ…

本サイトを監修している人

ヨガインストラクター
MINA

1985年生まれ
京都の滋賀寄り・宇治田原町で犬と猫に囲まれながら育つ
2012年からイギリス・ロンドンに留学
帰国後始めたヨガにどっぷりとハマりインストラクターに
猫に囲まれた生活と音楽は今も何も変わらない

健康運動指導士(ジムトレーナー)
MORITO
現在29歳。フィットネスクラブでトレーナー、インストラクターとして7年間勤務。4年目からはジムの責任者も兼務し、マネジメントにも携わっている。

ヨガインストラクター
石田まりえ

東京生まれ、東京育ち。ラジオの懸賞で航空券が当たったことでニュージーランドへ渡航。 ニュージーランド在住14年目。2児の母をしながら、のんびり暮らすヨガインストラクター。

ヨガインストラクター
Mizuho

2008年ハワイ移住 アシュタンガヨガとの出会いをきっかけにヨガをライフスタイルとして取り入れ11年。 マッサージライセンス取得を通してカラダと心の繋がりを更に重視して指導していくようになる。 現在ヨガアライアンストレーニング講師、通訳、プライベートやグループクラスの指導をバイリンガルで展開。

ヨガインストラクター
Yoshino

はじめましてYoshinoです。 約10年間のデスクワークを経て、身体と心のメンテナンスの必要性を感じ、 ヨガにであう。ヨガ歴はホットヨガ4年/常温ヨガ2年。 ヨガによって心がリセットされていく経験に感動し、現在自身のヨガの理解を深めるため全米アライアンス200取得中。 哲学が好きなのもあって、バガヴァッド・ギーターも勉強中。(ギータプラチャーリカ取得中) 現在は、マッサージセラピストを行いながら、身体も心も満たされるヨガを目指して日々奮闘中。

パーソナルトレーナー
www_111orz

はじめまして!現在都内の個室パーソナルジムでパーソナルトレーナーをしています。
今日よりも明日、よりよい身体と心の健康を目指してトレーニングに励む皆さんに、少しでもプラスになる知識をシェアしていきます!

ページ上部へ戻る